コーヒーを飲みすぎると肌に悪いの!? - 美肌シェアーズ

コーヒーを飲むと肌が荒れる?実はアンチエイジングや紫外線対策にも効果◎|美肌シェアーズ

投稿日:

食べ物・レシピ・飲み物

「○○を食べると髪がつやつやになる」、「△△を飲むとお通じが良くなる」、「××を食べないと脂肪燃焼しにくくなる」…などなど、食べ物や飲み物と「美」については把握しきれないほどたくさんの情報が溢れています。

私たちがよく口にするコーヒーについてもさまざまな話を聞きますよね。

どうしたらコーヒーを美味しく、そして美肌にも効果的に飲むことができるのでしょうか。

今回はコーヒーと美肌の関係について考えていきます。

目次
  • 日本人のコーヒー消費量!1週間に平均11杯!
  • コーヒーを知ろう!実はアンチエイジングや紫外線対策にも効果が!
  • コーヒーを飲んでシミ予防!リラックス効果も◎
  • コーヒーは美肌に本当にマイナス?正しい飲み方をして美肌を手に入れよう

日本人のコーヒー消費量!1週間に平均11杯!

あなたはコーヒーがお好きですか?

私はもちろん大好き!ですが、緑茶も紅茶もハーブティーも大好きな欲張りなので、コーヒー党党員というほどは飲んでいません。

それでもなんだか眠気がとれずにシャキッとしたいときや仕事で煮詰まったときなどは熱いコーヒーを淹れようと思うタイプです。

1週間に10杯前後飲んでいる感じでしょうか。

全日本コーヒー協会によると、日本人(調査対象は12歳~79歳)は1週間あたり11杯程度コーヒーを飲んでいるという調査結果(2014年度)がでています。

今やコーヒーは私たちの生活に欠かせない飲み物のひとつとなっていますね。

コーヒーを知ろう!実はアンチエイジングや紫外線対策にも効果が!

コーヒーが日本にもたらされたのはいつの頃のことなのでしょうか。諸説あるようですが、江戸時代にオランダ商人が長崎の出島に伝えたという説が有力となっているようです。江戸後期にはオランダ医師であったシーボルトがコーヒーは長寿のための薬であると飲用を勧めたという史実が残っています。コーヒーは体に良いものとして紹介されたのですね。

文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」によると、標準的なブラックコーヒー(コーヒー粉末10ℊを熱湯150㎖で浸出する)の場合、浸出液100ℊ中に含まれる成分は、水分98.6g、たんぱく質0.2ℊ、脂質Tr:微量、炭水化物0.7ℊ、灰分0.2ℊ、カルシウム2mg、リン7mg、鉄Tr:微量、ナトリウム1mg、カリウム65mg、ビタミンB20.01mg、ナイアシン0.8mgとされます。またカフェインは0.06g含まれます。

コーヒーの成分が健康・美容に関してもたらす効果については現代でも研究が進められています。コーヒーを飲用することで、心臓病や脳卒中のリスクが軽減できるとか、アンチエイジングに効果があるとか、紫外線対策に役立つとかさまざまな視点の研究成果が発表されています。

コーヒーが日本にもたらされたのはいつの頃のことなのでしょうか。

諸説あるようですが、江戸時代にオランダ商人が長崎の出島に伝えたという説が有力となっているようです。

江戸後期にはオランダ医師であったシーボルトがコーヒーは長寿のための薬であると飲用を勧めたという史実が残っています。

コーヒーは体に良いものとして紹介されたのですね。

文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」によると、標準的なブラックコーヒー(コーヒー粉末10ℊを熱湯150㎖で浸出する)の場合、浸出液100ℊ中に含まれる成分は、水分98.6g、たんぱく質0.2ℊ、脂質Tr:微量、炭水化物0.7ℊ、灰分0.2ℊ、カルシウム2mg、リン7mg、鉄Tr:微量、ナトリウム1mg、カリウム65mg、ビタミンB20.01mg、ナイアシン0.8mgとされます。またカフェインは0.06g含まれます。

コーヒーの成分が健康・美容に関してもたらす効果については現代でも研究が進められています。

コーヒーを飲用することで、心臓病や脳卒中のリスクが軽減できるとか、アンチエイジングに効果があるとか、紫外線対策に役立つとかさまざまな視点の研究成果が発表されています。

コーヒーを飲んでシミ予防!リラックス効果も◎

コーヒーのもつ美容効果の中でも、特に注目したいのが「シミ予防」です。

コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノール(抗酸化物質)が含まれています。

ポリフェノールは抗酸化物質ですから、体が酸化、つまり錆びてしまわないよう抗うという働きをもっています。

シミの原因となるメラニンの生成を3割程度抑制することができるという調査結果が明らかになったのです。

また、コーヒーの香りにはリラックス効果があるといわれます。

肌荒れや吹出物にストレスは大敵です。

「コーヒーを飲んでほっと一息」というリラックスタイムを設けることで、過剰なストレスの蓄積を防ぐことができ、美肌づくりを後押しすることができるのです。

適切な量、適切な時間を守って飲むとコーヒーには多くの美肌効果があります。

コーヒーは美肌に本当にマイナス?正しい飲み方をして美肌を手に入れよう

一方で、コーヒーは美肌に悪いといった話も耳にします。

この話は一体どこからでてきたのでしょうか?

コーヒーを美肌にとってプラスのものとするか、マイナスのものとするか、ポイントとなるのはコーヒーに含まれる成分「カフェイン」と「飲みすぎると良くない」ということです。

コーヒーにふくまれるカフェインには覚醒作用や利尿作用、脂肪の分解を促進させる作用などがあります。

例えば、集中力を高めたいときにコーヒーを飲むとスッキリした感じになりますよね。

適切に摂取すれば、カフェインは私たちの味方になります。

しかしながら、カフェインを摂取しすぎてしまうと悪影響を及ぼすことになりかねません。

カフェインは胃液の分泌を促す働きもあるので、過剰に摂取すると、胃液も過剰に分泌され胃が荒れることにつながります。

美肌づくりには胃腸の円滑な働きが必要不可欠なのにもかかわらず、カフェインの摂り過ぎによってそれがおろそかになってしまうのです。

また、カフェインには利尿作用があります。

乾燥肌の人や体調の良くないときなどに摂取しすぎてしまうと、過度に水分が失われ、結果として肌の潤いがなくなるという事態を招きます。

さらに、カフェインの摂り過ぎによってイライラや不眠といった症状をきたす可能性もあります。

心身ともに落ち着かず、ゆっくりと休養がとれない状況では美しい肌をつくることができません。

コーヒーを美肌の味方にするも敵にするもあなた次第です!上手に活用して美しい肌を守りましょう。

参考資料

全日本コーヒー協会(2015)の「コーヒーの需要動向に関する基本調査」

http://coffee.ajca.or.jp/wp-content/uploads/2011/08/data04_2015-06b.pdf

文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

-食べ物・レシピ・飲み物

Copyright© 美肌シェアーズ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.