腸内環境を整えると美肌になれるってホント!? - 美肌シェアーズ

腸内環境を整えると美肌になれるってホント!?

投稿日:

食べ物・レシピ・飲み物

最近、健康やダイエット、美容に関する分野で「腸内環境を整えると○○」という話を耳にすることが多くなりました。「腸内環境を整えると美肌になる」という話には興味津々ですよね。今回の記事では、「腸内環境」と美肌の関係のホントのところを考えてみます。

目次
  • 腸の働き
  • 腸と美肌の関係
  • 善玉菌と悪玉菌
  • 腸内環境を整えるには

腸の働き

学生時代の授業のようだけれど、まずは腸がどのような器官でどのような役割を担っているのかおさらいしておきましょう。腸は消化系の器官で、小腸と大腸に大別することができます。小腸は、「十二指腸」、「空腸」、「回腸」の3つから成り立っており、なんと全長約3mにも及ぶ器官です。「十二指腸」は胃の出口である「幽門」とつながっており、小腸では胃で溶かした食物を消化し栄養分を吸収するという重要な役割(人体における消化・吸収機能の90%程度)を担っています。また小腸は、「消化・吸収」以外にも「免疫」の機能も担っています。ご存知の通り、「免疫」とは外部から侵入する病原体などの異物から人体を守るために働く自衛システムのことです。

一方、大腸は消化系の最終段階にあたり、「盲腸」、「結腸」、「直腸」の3つから成り立っています。大腸の機能はというと、「水分を吸収し便をつくること」です。私たちが摂取した食物は、胃で溶かされ、小腸で消化・吸収され、そして最終的に大腸で便となり、不要な物質が排出されることになります。大腸では「蠕動運動(ぜんどううんどう)」によって水分の吸収と便の送り出しをするのですが、蠕動運動の動きは小腸におけるそれよりもゆっくりとしているため、大腸内において便となる物質は長い時間をかけて移動することになります。私たちが食事から摂った栄養を消化・吸収し、きちんと不要物を排出するためには、腸が滞りなく機能している必要があるのです。

腸と美肌の関係

では、次に腸と美肌の関係についてみてみましょう。腸は私たちの体に必要な栄養を消化・吸収し、不要な物質を排出するための器官です。美しい肌をつくるには、肌をつくるために必要な栄養素を取り込んで、それらを肌生成のために供給する必要があります。腸が健康で円滑に働いていないと美しい肌をつくるための栄養を十分に摂取することができないのです。

また、体内に老廃物が溜まってしまうと肌荒れの原因にもなります。なぜなら排出されずに体内に残っている老廃物は悪玉菌の温床になってしまうからです。悪玉菌の増殖によって増加した有害物質は血液に交じって体内をめぐってしまいます。体には有害物質を排出しようという働きがあるため、全身にめぐった有害物質の一部は肌を出口にしようとしてしまうのです。その際毛穴が詰まり易くなり吹出物の原因になってしまいます。便として老廃物をしっかり排出しておけば、肌に悲劇が起こらずに済むのです。

善玉菌と悪玉菌

腸内には「善玉菌」、「悪玉菌」、そして「日和見菌(ひよりみきん)」の3種類の菌が存在します。書いて字の如く、「善玉菌」は体にとって良い働きをする菌のことです。具体的には、円滑な栄養吸収、有害物質の対外排出、正常な便通(便秘や下痢の解消を含む)、免疫力の向上、発がん物質の抑制などといった役割を果たします。

一方、「悪玉菌」は体にとって悪さをしてしまう菌のことです。「悪玉菌」が優勢になると、腸の動きが鈍くなります。便秘や下痢、臭いの強いおならや体臭・口臭、老化、ビタミンの破壊などを招き、肌あれや吹出物の原因となります。さらに悪化すると、免疫力が低下し病気になりやすくなったり、消化器以外の器官にも負担をかけ悪影響を及ぼしたり、発がん物質を生成したりと美肌どころか健康まで害することになりかねません。

3つ目に挙げた「日和見菌」は自分では進んで良いことも悪いこともしないけれど体内の情勢をみて力をもっている勢力に味方をする菌です。健康であれば、腸内の細菌は「善玉菌」が15%程度、「悪玉菌」が10%程度、「日和見菌」が75%程度の割合であるといわれています。「善玉菌」と「悪玉菌」の割合は僅かに5%しか差がありません。「悪玉菌」が優勢の状況に陥らないように腸内環境を整えねばなりません。

腸内環境を整えるには

腸内環境を整えるには、善玉菌の割合を維持し(できるなら増加させ)、悪玉菌を増やさないようにする必要があります。実は恐ろしいことに、善玉菌は年齢が上がるとともに減少するという傾向があります。さらにストレスや疲労によっても減少してしまう性質も持ち合わせています。大人が健康な腸内環境を維持するのは難しいのでしょうか。

加齢などによる善玉菌の減少傾向に打ち勝つためには、規則正しい生活習慣を保つことが最も重要な戦略となります。悪玉菌は、運動不足や睡眠不足、食生活の乱れ(野菜が少ない食事はもってのほかです)やストレス過多の生活習慣によって増える性質があります。軽度のものでよいので日頃から体を動かすことを心がけ、夜更かしなどせずに必要な休息・睡眠をとりましょう。また腸内環境を整えるにはバランスよく食事をとることも肝要です。忙しいからとコンビニ弁当やレトルト食品などで済ませてしまわずに、野菜を多めに摂取してください。リラックスできる趣味や友人・家族との楽しい語らいの時間をもつこともストレス過多の現代人には必要なことです。生活習慣を整え、腸内環境を美しくして美肌を手に入れてください。

-食べ物・レシピ・飲み物

Copyright© 美肌シェアーズ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.