おやつを食べて美肌に?簡単きなこクッキーを作ろう!

おやつを食べて美肌に?簡単きなこクッキーを作ろう!

投稿日:

スキンケア・エイジングケア 食べ物・レシピ・飲み物 簡単レシピ

甘いものが食べたいなと思ったときや間食をするとき何を食べていますか?

お菓子やケーキを食べるとカロリーも高いし身体にもあまりよくないし…

でも間食や甘いものが食べたくなってしまうことはありますよね。

そんな時は、身体にもお肌にも優しいきなこクッキーを食べましょう!

材料を揃えれば誰でも簡単に作れるのでとてもおすすめです。

身体の外からの美肌対策も大切ですが、おやつを食べて身体の中からも美肌対策をして美肌を手に入れましょう♪

目次
  • きなこクッキー☆用意する材料
  • きなこクッキーの☆作り方
  • 食材の効果
  • ワンポイントアドバイス

きなこクッキー☆用意する材料

きなこ  60g

薄力粉  40g

キビ砂糖 25g

サラダ油 大さじ3

豆乳   大さじ2

塩    一つまみ

きなこクッキーの☆作り方

  1. きなこ60g、薄力粉40g、キビ砂糖25g、塩一つまみを混ぜる。
  2. サラダ油を大さじ3加え混ぜる。
  3. 豆乳を大さじ2入れ混ぜる。
  4. 混ぜてかたまりになったらビニールに入れて生地をのばす。
  5. 好きな形に型を抜き、170度のオーブンで25分焼いたら完成です。

食材の効果

・きなこ

きなこの大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれるのでエストロゲン作用によって美肌効果が期待でき、抗酸化作用もあるので肌の老化を防ぎ、肌の弾力やハリ美肌へ導いてくれます。

きなこに含まれる大豆ペプチドと大豆サポニンは脂肪の蓄積を防いでくれる為、ダイエットにも効果的な成分になるのでお肌にもダイエットにも良い「きなこ」は優れものです。

きなこには、美肌効果・女性ホルモンのバランスを整える・便秘効果・ダイエット効果があるのでおすすめ食材になります。

しかし大豆イソフラボンの過剰摂取には気を付けましょう。

 

・豆乳

豆乳は、大豆からできているので大豆の栄養素が凝縮されています。

大豆には、イソフラボンが多く含まれているので女性特有の悩みを防ぐ効果やお肌への艶やハリを保ってくれる効果もあります。

豆乳には、美肌効果・女性特有の悩みの解消・便秘解消・バストアップと女性には嬉しい効果がたくさんあるのでとてもおすすめです。

 

・キビ砂糖(黒砂糖)

白砂糖を使っている家庭も多いと思いますが、身体のことを考えると白砂糖よりキビ砂糖(黒砂糖)のほうがおすすめです。

キビ砂糖は、サトウキビから作られているお砂糖になります。

精製されているお砂糖が白砂糖になりますが、キビ砂糖は白砂糖に比べ精製されていないので色も茶色っぽく、精製されていない分ミネラルやカルシウム、栄養素を含んでいます。

お料理やおやつに甘味をつけてくれ、身体に必要なミネラルやカルシウムも摂取できるのでおすすめです。

ワンポイントアドバイス

毎日忙しくて作る時間がないという方は、きなこと豆乳があればできる簡単きなこ豆乳ドリンクがおすすめです。

コップ1杯(200ml)の豆乳にきなこを大さじ1~2杯入れて混ぜるだけで完成です。

きなこが混ざりにくいのでミキサーやホット豆乳にして作るのもおすすめです。

無調整豆乳だと少し飲みにくいなという人は、このドリンクにはちみつやサトウキビ砂糖を少し入れてあげると甘味がプラスされ飲みやすくなります。

甘味もプラスされたらおやつ感覚でも飲めるのでお菓子やケーキなどの甘いものを食べるよりカロリー的にもお肌にもダイエットにも良いのでとてもおすすめです。

お肌に良い食材をチョイスしておやつにし、おやつを食べて内側からも美肌を手に入れましょう♪

-スキンケア・エイジングケア, 食べ物・レシピ・飲み物, 簡単レシピ
-, , , , ,

Copyright© 美肌シェアーズ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.