美肌になれるスキンケアで気をつけるべき3つのこと - 美肌シェアーズ

美肌になれるスキンケアで気をつけるべき3つのこと

投稿日:

スキンケア・エイジングケア

あなたは毎日どんなスキンケアをしていますか?「毎日スキンケアをしているけれど、本当に効いているの?」、「他の子はどんなスキンケアをしているんだろう?」、「少しでも手軽に、でも効果のあるスキンケアを知りたい!」など、毎日続けなければならないだけに、スキンケアについての悩みはつきませんよね。ここではスキンケアで気をつけるべきことを3つ挙げていきます。3つのポイントを押さえて美肌を手に入れてください。

目次
  • 日本女性のスキンケア
  • いつものスキンケア、何してる?
  • 見直してみましょう―基本のスキンケア
  • まとめ

日本女性のスキンケア

ポーラ研究所の「女性の化粧行動・意識に関する実態調査2016」によると、調査対象となった15歳から74歳の女性1,800名のうち、実に85.8%の人がスキンケアは重要であると捉えているという結果が示されました。また、現在スキンケアを行っている人(毎日、ほぼ毎日、ときどき行っているの回答を合わせて)は全体の91.8 %、また「毎日」および「ほぼ毎日」スキンケアを行っている人は79.2%にも及びます。日本の女性がどれほどスキンケアを大切にしているかが改めて示された数字ですね。

では実際の効果のほどはというと、現在行っているスキンケアに対して、「十分な内容」および「過不足なく適当」と回答した人が39.9%を占めるのに対し、「やや足りない」もしくは「足りない」と評価した人は45.6%と不足を感じている人の方がやや多めであるという結果が同調査により示されました。美肌に欠かせない大切なスキンケア、どうしたら満足のいくものとなるのでしょうか?

いつものスキンケア、何してる?

あなたの毎日、または一週間を振り返ってみてください。いつもどのようなスキンケアをしているでしょうか?朝は洗顔料を使って洗顔、化粧前に化粧水と日焼け止めと…。オフィスでも保湿ケアを、唇の乾燥対策も…。帰宅したらメイク落とし、洗顔、化粧水、乳液…。寝る前にパック、イオン導入も…。週末の夜はスペシャルケアを…。たまにはエステや美容医療も…。

スキンケアにかかる時間も費用も少なくないですね。前述のポーラ文化研究所の調査によると、調査対象のうちスキンケアを行っていると回答した女性たちはひと月当たり平均3,833円ほどスキンケアのために投資し、洗顔料(全体の93.7%が使用)、化粧水(同90.0%)、メイク落と用クレンジング(同78.6%)、日焼け止め・UVカットクリーム(同75.9%)などといったいくつかのスキンケア用アイテムを併用しているという結果がでました。毎日毎日、毎週毎週がんばっているのですから、それなりの効果をだしたいものです。

見直してみましょう―基本のスキンケア

ここで、スキンケアの基本ステップを考えてみましょう。①清潔にする、②整える、③守るの3ステップです。美肌のためのスキンケア、

「清潔にする」

第1のステップは「清潔にする」、つまり洗顔です。汚れの残っている肌では高価なスキンケア用品を使っても効果が上がりません。まずは清潔で汚れのない肌をつくることがすべての基盤です。メイクを落とすクレンジングと(クレンジングの油脂分が残っていることもありますので)さらなる洗顔のダブル洗顔をする人もいればワンステップにする人もいることでしょう。ちなみに、クレンジングと洗顔は目的がことなります。クレンジングは化粧を落とすことが主たる目的。化粧をしていない日までクレンジングをというと過剰になる可能性があります。(ただし、日焼け止めクリームなどを塗った場合はクレンジングで落としてください。)

肌質やその日のコンディションに合わせて洗顔をする必要がありますが、どのような場合であっても重要なのは「刺激を与え過ぎないように優しく」洗顔することです。綺麗しようと思うばかりにゴシゴシと強く洗ってしまったり、何度も何度も洗ったりするのは逆効果となります。肌に負担をかけずに汚れをしっかり落とすためには、きめ細かい泡と体温より低い温度のぬるま湯を活用しましょう。

「整える」

第2のステップとなる「整える」は、肌に充分な水分を蓄えさせ、バランスよく保湿することです。洗顔後、生活なタオルで水分をとったら(ここでもゴシゴシしないこと!)化粧水で保湿&美容成分を補いましょう。お肌の乾燥が気になるときはパックをするのも効果的ですね。

化粧水でお肌の調子を整えたら、肌質に合わせて美容液や乳液、クリームなどで美容成分を補給してください。「整える」というキーワードを意識することが肝心です。効果を期待して多めに塗ってしまうと、肌に不要な成分が残ってしまいます。特に過剰な油分には気をつけないとなりません。一度使っているスキンケア用品の説明書きを読んで適切な量を知っておくと良いですよ。

「守る」

第3のステップは「守る」です。お肌は常にさまざまな刺激にさらされています。化粧品は「化ける」、「装う」ためだけのものではありません。お肌を外部環境から守る役割もあるのです。特に気をつけたいのは紫外線です。たとえ「ちょっとそこまで」でも、たとえ「すっぴんに自信があります」と思っていても、日焼け止めをつけるなど、お肌を守ってください。屋内にいる日は肌への負担の少ないものを選びましょう。日焼け止めを選ぶときもTPOに応じて適したものを使うことが肝要なのです。そして、一日お肌を守ってくれた日焼け止めや化粧は、一日の終わりにしっかり洗い流しましょう(第1ステップに戻って優しく)。

まとめ

美肌になれるスキンケアで気をつけるべき3つのこと、基本3つのステップでまとめると、①過剰な刺激を与えないよう気をつけながら肌を清潔にする、②美肌のバランス(油脂分の与え過ぎ)に注意して肌を整える、③TPOを踏まえてスキンケア用品を活用し肌を守るとなります。このサイクルを続けて美肌道をまっしぐらに進んでください。

 

参考資料

ポーラ文化研究所(2016)「女性の化粧行動・意識に関する実態調査2016」

http://www.po-holdings.co.jp/csr/culture/bunken/report/pdf/20161104skincare2016.pdf

-スキンケア・エイジングケア

Copyright© 美肌シェアーズ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.