女性の顔の脱毛と美肌の関係とは - 美肌シェアーズ

女性の顔の脱毛と美肌の関係とは

投稿日:

スキンケア・エイジングケア

顔のうぶ毛、気になりますよね。特に濃い色のうぶ毛があると、顔が暗くくすんで見えてしまいます。また、うぶ毛があるとせっかくお化粧をしても浮いてしまって化粧ノリが悪いような気もします。気になる顔のうぶ毛処理問題、今回の記事では脱毛と美肌の関係に注目して考えてみましょう。

目次
  • うぶ毛の役割
  • どうしてる?顔のうぶ毛処理
  • うぶ毛の脱毛・その方法は?
  • 専門家による顔のうぶ毛の脱毛
  • ホントのところ、脱毛って痛い!?

うぶ毛の役割

そもそもなぜ私たちの顔にはうぶ毛が生えているのでしょうか?手入れをしなければならないし邪魔なだけの存在のようですが…。実は顔に生えているうぶ毛にも大切な役割があります。うぶ毛の役割はズバリ「防御」です。空気中にはほこりや塵など、目では見ることのできない微細なものも含めてさまざまな汚れが存在します。また、細菌やウイルスなど私たちの健康を脅かしかねないものも含まれています。これらを直接肌に触れさせず、表面を守る機能をうぶ毛は持っているのです。さらに、外気温の変化に対応することもうぶ毛の働きのひとつに挙げられるでしょう。

私たちの肌を、そして健康を守るために必要なうぶ毛ですが、スキンケア用品、または化粧品などの適切な使用によって、その役割は代替・補完できるようになってきています。(あくまでも「適切に使用している」ことが不可欠ですが。)

どうしてる?顔のうぶ毛処理

肌をくすんで見せたり、暗く見せたりしてしまう顔のうぶ毛。適切に処理して明るく艶やかな肌を手に入れたいところですが、お手入れが面倒なのが問題です。雑誌やインターネットなどで調べると、うぶ毛は剃って処理している人が多いように見受けられますね。自分で剃刀を使って剃る際の注意事項や剃った後のケアなどの記事を参考している人もいらっしゃるのでは。今のところ、剃る派の方が優勢のようですね。私も顔のうぶ毛を剃っていましたが、ある時思い立って「うぶ毛脱毛」を試してみました。この記事では私の体験談を交えながら「顔のうぶ毛の脱毛」について考えてみたいと思います。

うぶ毛の脱毛・その方法は?

「さぁ、顔のうぶ毛を抜こう!」と思い立ち、毛抜きを使って自分でブチブチッ…なんて人はこの記事の読者にはいらっしゃいませんよね。「自分で毛抜き」は絶対にNGです!うぶ毛は細いから自分で抜いてもダメージは少ないだろうなどと甘く考えてはいけないのです。不適切な方法で毛を抜いてしまうと肌や毛根へのダメージが大きいですし、脱毛後の処置も適切に行えるとは考えられません。

「一度抜いておけばしばらくは生えてこないから」と思って抜いてみる。「しばらく」経過してみると、皮膚の下でうぶ毛が黒く丸まってしまっている。肌の下の黒いポツポツ…。気にしないようにしても気になってしまうものです。よって、そこを毛抜きでツンツンし、皮膚に傷をつけてしまったり、ひどい場合には化膿させてしまったりといった惨状。こんなにも悲惨な経験をしたことがある人なら「自分で毛抜き」という方法が絶対的NGであることはご理解頂けるでしょう。

毛抜きはダメでも腕や脚にも使う脱毛ワックスや脱毛テープなら?顔に貼ったらはがすときに涙が止まらないほど痛いのではないかしら。さすがにこれは私も試したことがありません。いずれにせよ敏感な顔の皮膚へのダメージが大きいのでこの方法もやめておく方が賢明でしょう。脱毛用の専門器具なども販売されていますが、結構なお値段のものが多いですね。少々コストはかかりますが、顔のうぶ毛を脱毛しようと思ったら、知識とスキルをもった美容医療やエステなど必ず専門家の門を叩いてみるのが良いのではないでしょうか。

専門家による顔のうぶ毛の脱毛

さて、いざ専門家の門を叩こうと思ったときに最初に悩むのは美容医療で行うか、エステで行うかという点でしょうか。予算や通える距離・回数など個別の事情によってことなるので一概にどちらが良いということはできませんが、決める際には友人・知人に話を聞いてみるなど納得して決断すると良いでしょう。私は美容医療で脱毛をしましたが、決め手となったのはお医者様ご本人が自分を練習台にしながら勉強をしていたということと、それまで肌のことで私が抱えていた悩みをしっかりと聞いてくださったことがポイントでした。大切なお肌のことをお任せするのですから信頼の気持ちをもてることは重要です。

脱毛にかかる期間や費用について、またご自身の肌質や毛質について、さらにこれまでのうぶ毛処理の経緯などについて、担当してくれる方ときちんとお話しして、ご自身に合った機関を選択してください。

ホントのところ、脱毛って痛い!?

専門機関では、レーザー脱毛や光脱毛といった方法を受けることができます。顔全体について処置を行うこともあれば、一部分のみの場合もあるでしょう。人それぞれ体毛の生え具合や濃さなど違うので、処理の方法や範囲は専門家と相談して決めると良いですね。もちろん予算とも相談です。私は顔全体のレーザー脱毛をしました(もちろん、眉毛と睫毛を除く。)

さて、気になる痛みについてですが…。「これっぽっちも何も感じなかった」と言ったら噓になりますが、「痛い!」と思うほどのこともなかったというのが総評です。レーザー脱毛を体験した人の多くが「弾かれるような痛み」と表現しますが、私の場合はほとんど「確かに弾かれている感はあるかもね」程度だったと記憶しています。ただし、レーザーは黒い(濃い)色に反応するとのことで、比較的太目の毛の生えている部分は「強めの弾き」を感じました。個人差はあるかと思いますが、痛みよりもずっとじっとしていることの方が私にはきつかったです。動かずに弾かれ続けた私。おかげさまで本日もゆで卵並みにツルツルしております。

-スキンケア・エイジングケア

Copyright© 美肌シェアーズ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.