ビタミンCと美肌の本当の関係 - 美肌シェアーズ

ビタミンCが肌に効く!え?ストレスや喫煙でビタミンCが消費されている?|美肌シェアーズ

投稿日:

サプリ

ビタミンCと美肌の本当の関係

「肌を美しくするためにはビタミンCを摂ろう」。

お店にはビタミンCを配合した商品が溢れ、美肌を志す女性にとってビタミンCの摂取は欠かせないものというイメージがあります。

でも意外と知らないビタミンCと美肌の本当の関係。

「ビタミンCはなぜ肌にいいの?」、「ビタミンCってどれくらい摂れば効果があるの?」、「ビタミンCをたくさん摂るとどうなる?」…。

ビタミンCと美肌の関係を知って、ますます肌を輝かせましょう。

目次
  • ビタミンCにも種類があるの?まずはビタミンCを知ろう
  • ストレスや喫煙でビタミンCが消費されている?あなたはビタミンC摂取量足りている?
  • ビタミンCが肌に効く!「シミ」「シワ・たるみ」「ニキビ・吹き出物」とビタミンCの関係と役割を徹底解説!
  • ビタミンCを正しく摂取しよう!効果的な摂取方法

ビタミンCにも種類があるの?まずはビタミンCを知ろう

ビタミンCは水溶性ビタミンのひとつです。

ビタミンには大別して水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあります。

書いて字のごとく、水溶性ビタミンとは水に溶けやすいビタミン、脂溶性ビタミンとは油に溶けやすいビタミンのことで、水溶性ビタミンにはビタミンC以外にビタミンB群など、脂溶性ビタミンにはビタミンA、D、E、Kが含まれます。

厚生労働省が取りまとめた「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書によると、「ビタミンCは皮膚や細胞のコラーゲンの合成に必須である」(p.226)とされています。

ビタミンCには様々な機能があり、壊血病の抑止、抗酸化作用、ビタミンEとともに活性酸素を消去することによる細胞保護などが挙げられます。

ストレスや喫煙でビタミンCが消費されている?あなたはビタミンC摂取量足りている?

ビタミンC、あなたは足りていますか?

ビタミンCは体内では水分に溶けた状態で存在し、必要量が腸内で吸収されます。

余剰のビタミンCは体内で蓄積されることなく、尿とともに排出されるため、毎日必要量を摂取することが望まれる栄養素です。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、15歳以上であれば男女ともに1日あたり、推定平均必要量85mg以上、推奨量100mgとされています(ただし妊娠中・授乳中は推奨量が増えます)。

かつてビタミンCは、日本の一般家庭における通常の食生活を続けていれば不足することはないと考えられていました。

しかし、ビタミンCはストレスや喫煙を原因として消費されてしまったり、また食事から摂取できる量が減少傾向にあったりと、十分に摂取しているつもりでいても足りていない人もいるのです。

「平成26年国民健康・栄養調査」で示された「栄養素等摂取量の平均値の年次推移(総数、1人1日当たり)」(表91の1)によると、昭和50年(1975年)には1日平均117mg摂取していたのに対し、平成26年(2014年)には94mgの摂取と、減少傾向にあることが示されました。

この値をみると、推定平均必要量は満たしているものの、推奨量には達していません。

あなたはきちんとビタミンC摂取できていますか?

これを機にビタミンC摂取量を見直してみましょう。

ビタミンCが肌に効く!「シミ」「シワ・たるみ」「ニキビ・吹き出物」とビタミンCの関係と役割を徹底解説!

十分なビタミンCを摂取することができれば、美肌づくりに大いに活躍してくれます。

ビタミンCはどのような美肌効果を持っているのでしょうか?

「シミ」、「シワ・たるみ」、「ニキビ・吹出物」という美肌の3大大敵をやっつけるビタミンCの役割に注目してみましょう。

 

1、ビタミンCと「シミ」

ビタミンCにはシミを作りだすメラニンの生成を抑制する働きおよびメラニンの色素を正常に戻す還元効果があります。

肌が紫外線にさらされるとメラニンが合成されるのですが、皮膚のターンオーバーが正常に行われないとメラニンがきちんと排出されず、これが色素沈着を起こしてシミとなります。

ビタミンCにはシワをつくりにくくする役割とできてしまったシミを薄くしていく働きがあるのです。

 

2、ビタミンCと「シワ・たるみ」

ビタミンCはコラーゲンの合成のために必須の栄養素であることは先に示した通りです。

コラーゲンは肌のハリを保つ上で重要です。

肌にハリがなくなってしまうと、たるむ、そしてたるみ癖がシワとなり、そのシワがさらに深く刻まれていく…。肌にハリがなくなること、それはすなわち加齢肌の証といっても過言ではないのです。

コラーゲンの合成を促すべく、ビタミンCを正しく摂取しましょう。

 

3、ビタミンCと「ニキビ・吹き出物」

ビタミンCは、皮脂の分泌量を適正化したり、炎症を抑えたりといった効果ももっており、皮脂の過剰分泌によるニキビ・吹出物への対策に役立つ栄養素です。

また、大人の吹出物は皮脂の過剰以外に起因することもあります。

例えば、疲労やストレス。

疲労が重なると生じる活性酸素は細胞の機能を低下させてしまいますが、ビタミンCはこの活性酸素の過剰な発生や働きを抑制する効果があります。

さらにビタミンCには副腎皮質ホルモンの分泌を促す効果があります。

副腎皮質ホルモンはストレス対応に必要なホルモンです。

疲労や過剰なストレスを減らすためにもビタミンCのお助けが必要なのです。

ビタミンCを正しく摂取しよう!効果的な摂取方法

美肌づくりには良いことだらけに見えるビタミンC、正しく摂取するためにはいくつかの点に注意しましょう。

できることなら毎日の食事から美味しくビタミンCを摂取できると良いのですが、ビタミンCは「水に溶けやすく熱に弱い」という特性を持っています。

したがって、例えば食材を洗う時には手早くする、調理方法としては蒸す・炒めるなど工夫してみるとより効果的な摂取が可能となります。

ただ、楽しく食事をすることも大切ですから、生活スタイルに合わせて栄養補助食品やサプリメントなどから摂取するという方法も検討してもよいでしょう。

ビタミンCをたくさん摂り過ぎてしまったら…。副作用が心配されるところですが、一般的な生活の中で少々多めにとってしまった程度では深刻な副作用は報告されていません。

不要分は排泄される性質があるためです。貯めておくことはできないので、毎日摂取しましょう。

 

 

参考資料

厚生労働省が取りまとめた「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html

※ビタミンCに関する報告はpp.226-229を参照.

「平成26年国民健康・栄養調査」表91の1「栄養素等摂取量の平均値の年次推移(総数、1人1日当たり)」

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_toGL08020103_&listID=000001151595&disp=Other&requestSender=dsearch

-サプリ

Copyright© 美肌シェアーズ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.