化粧水の正しい塗り方!基本の塗り方を知って美肌になろう|美肌シェアーズ

化粧水の正しい塗り方!基本の塗り方を知って美肌になろう|美肌シェアーズ

投稿日:

肌トラブル スキンケア・エイジングケア 化粧品 美白対策 基礎知識

普段毎日行っている化粧水の塗り方ってこれでいいのかな?と疑問に思っていても、塗り方を改めることや誰かに塗り方のコツを聞くことは、なかなかありませんよね。

化粧水を手に取り顔にパンパンと付けていたり、コットンに化粧水をつけて顔に張り付けている人も多いかと思います。

化粧水の塗り方ひとつで、効果の現れ方が変わってくるので今日から正しい化粧水の塗り方をマスターして、美肌を手に入れましょう。

目次
  • 間違いだらけの化粧水の塗り方を変えぷるぷるの潤い美肌に
  • 洗顔後、化粧水を塗るベストタイミングとは
  • 化粧水は手?コットン?ぷるぷる潤い美肌を手に入れるオススメの方法は?
  • 当たり前にやっていることが実は間違い?化粧水を塗るときの注意点3つとNG行動を徹底解説
  • まとめ

間違いだらけの化粧水の塗り方を変えぷるぷるの潤い美肌に

あなたは、普段どんな風に化粧水を塗っていますか?

手を使って塗る方も居れば、コットンを使って塗る方、またはスプレータイプを使用している方も居ますよね。

普段何気なく塗っている化粧水ですが、実は美肌を遠ざけてしまう塗り方があります。

間違いだらけの化粧水の塗り方を見直して、潤いたっぷりのぷるぷる美肌を手に入れましょう!

洗顔後、化粧水を塗るベストタイミングとは

まず、化粧水はいつ塗っていますか?

化粧水を塗るタイミングは、洗顔後すぐです。

洗顔後のお肌は、汚れもキレイになり表面の皮脂などが落ちた無防備な状態なので、とても乾燥しやすくなっています。

乾燥している状態が長く続いてしまうと、肌の内部でどんどん乾燥が進んでしまい、乾燥肌を引き起こしたり化粧水の浸透が悪くなってしまうことがあるので、洗顔後はすぐに化粧水を付けるようにしましょう。

また、しっかりと化粧水を塗ったあとは水分の蒸発を防ぐために、乳液を重ねてふたをすることがオススメです!そうすることで、肌の内部までしっかりと潤いを与え、時間が経っても水分の逃げにくい潤い肌をキープすることが出来ます。

 

化粧水は手?コットン?ぷるぷる潤い美肌を手に入れるオススメの方法は?

(1)手で化粧水を付ける方法

  1. 手を清潔にキレイに洗いましょう。
  2. 化粧水を手の平に適量のせましょう。(500円玉くらいの量)
  3. 手全体を使い優しく顔全体に化粧水を付けていきましょう。
  4. 乾燥が気になるところや目元、鼻筋、小鼻など行き届かないところには重ね付けしましょう。
  5. 全体に付けた後は、両手を顔に添えて化粧水を馴染ませましょう。(パッティング)

 

(2)コットンを使用し化粧水を付ける方法

  1. 手を清潔にキレイに洗いましょう。
  2. 化粧水をコットン全体に馴染むように適量付けましょう。
  3. コットン1枚で顔全体に化粧水を付けていきましょう。
  4. 全体に付けた後は、両手を顔に添えて化粧水を馴染ませましょう。(パッティング)このままコットンパックを行う場合は、コットンを何枚か用意し、コットン全体に化粧水が馴染むように付けていきましょう。
  5. 化粧水が馴染んだコットンをおでこ、両頬、あご、はなに張り付けましょう。

 

(3)スプレー式の化粧水を直接吹きかける方法

手やコットンを使用して化粧水を付ける人が多いと思いますが、スプレー式の化粧水を顔に直接吹きかけて付ける方法が、実は一番おすすめです。

化粧水を手で付ける場合は、手に雑菌が付いていたり、手の体温で化粧水が蒸発してしまったり、コットンの場合は、どうしても化粧水の使用量が多くなってしまいます。化粧水を直接顔に吹きかけることによって、上記のことは改善されます。

毎日行うことなのでお肌にもよく、時短にもなるのでとてもおすすめです。

  1. 手を清潔にキレイに洗いましょう。
  2. 顔に化粧水を直接吹きかけましょう。
  3. 全体に付けた後は、両手を顔に添えて化粧水を馴染ませましょう。(パッティング)

当たり前にやっていることが実は間違い?化粧水を塗るときの注意点3つとNG行動を徹底解説

・化粧水のゴシゴシ付けに注意

化粧水を手に適量取った後、ゴシゴシ力を入れて顔に付けている人はいませんか?

ゴシゴシ付けは、絶対にNGです。化粧水が付いていても摩擦が起こりお肌に炎症が起こってしまうので注意してください。

 

・過度なパッティングに注意

化粧水を付けた後にパンパンと力強くパッティングしていませんか?

力強くパッティングしたほうがお肌の中に入って浸透していく感じがしていいと思い込んでいる人もいるかと思いますが、絶対にNGです。過度なパッティングは肌を傷つけてしまいお肌に負担が掛かるので注意が必要です。

 

・化粧水の量に注意

化粧水は適量を使用しましょう。商品によっても異なりますが、500円玉くらいの量が適量といわれています。化粧水がもったいないからと少量しか使用しないのは、NGです。化粧水の量も見直して美肌を手に入れましょう。

まとめ

顔に化粧水を付けた後に手に残った化粧水を首やデコルテに塗ってあげることがおすすめです。

顔は意識してケアしている人がとても多いですが、意外と首やデコルテを意識してケアしている人は少ないと思います。

しかし顔と同様、首やデコルテも人から見える部分になりますので、手に残った化粧水を首やデコルテにも塗り同時にケアしてあげ美肌を手に入れましょう。

-肌トラブル, スキンケア・エイジングケア, 化粧品, 美白対策, 基礎知識
-, , , ,

Copyright© 美肌シェアーズ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.