メイクしたまま寝落ち!次の日のSOS肌対策

メイクしたまま寝落ち!次の日のSOS肌対策

投稿日:

肌トラブル

疲れて帰宅したらそのまま寝てしまったことや飲み会で朝まで飲んでいて、ずっとメイクが落とせなかった…など誰にでも経験はあると思います。

メイクをしたままの状態がお肌に悪いことだと分かっていても出来ない時もあります。

そしてその後、肌が荒れてしまい後悔…なんてことにならないためにも、翌日の肌対策をしっかり行ってお肌へのダメージを最小限にしましょう。

メイクを落とせなかった次の日の、おすすめのケア方法をご紹介します。

目次
  • メイクを落とさずに寝てしまうとどんなことが起こる?
  • メイクを落とさずに寝てしまった日の対処法
  • フェイスパックで全体にしっかり保湿をしましょう
  • ワンポイントアドバイス

メイクを落とさずに寝てしまうとどんなことが起こる?

古い角質や余分な皮脂等、生活をしているだけでも汚れがついてしまうので、男性・女性関わらず毎日洗顔をすることは毎日の習慣だと思います。

メイクを落とさずに寝てしまったとき、肌はどんな状態になってしまうのでしょうか?

メイクを落とさずに寝てしまうと毛穴に入り込んだ汚れや皮脂が酸化して毛穴トラブルや乾燥を引き起こし、更にはチーク・アイシャドウで色素沈着を起こしたり、いろいろなお肌トラブルに繋がってしまいます。

また、化粧品と不要な皮脂で毛穴を長時間塞いでいるため、ニキビや吹き出物の発生にも繋がってしまいます。

メイクを落とさず寝るということは、肌への負担が大きく美肌を遠ざけてしまうので必ずメイクは落として寝るようにしましょう。

メイクを落とさずに寝てしまった日の対処法

メイクを落とさず寝てしまった日は、次の日の対処法が大切になります。

しっかりとケアをすれば、ダメージを最小限に抑えることが出来るので正しいケアをご紹介します。

 

(1)洗顔の前にスチーマーやホットタオルで毛穴を開かせよう

長時間メイクをしているとファンデーションが毛穴に入り込んでしまい、クレンジングをしても毛穴の中に汚れが残ってしまう場合があるので洗顔をする前にしっかりとスチーマーやホットタオルで毛穴を開かせましょう。

毛穴が開いた状態はお肌のダメージも受けやすいので、すぐに洗顔に移れるようにしましょう。

 

【ホットタオルの作り方】

  1. タオルを水(ぬるま湯)で濡らしてしっかり絞る
  2. タオルを丸める
  3. ラップでくるむ
  4. 電子レンジ500Wで1分加熱する

適度に冷ましてから使用してください。

 

(2)メイク落としはいつもより優しく入念にしましょう

長時間メイクをしたままの状態だと肌ダメージが大きいので、いつもよりお肌が敏感な状態になっています。

ゴシゴシ擦るように落とすのではなく、優しく丁寧に落とすようにしましょう。

拭き取るタイプのメイク落としより洗顔をして落とすクレンジングタイプのものを使用して優しく落とすのがおすすめです。

すすぎ残しがあると肌荒れの原因になってしまうのでしっかりすすぐことが大切です。

 

(3)洗顔はたっぷりの泡で優しく洗いましょう

洗顔をする時は、手が顔に触れないくらいのたっぷりの泡で洗顔をしましょう。

泡立てネットが無い場合は、ナイロンタオルなどで代用したっぷりの泡で優しく洗顔してあげましょう。

長時間の洗顔は、お肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので長時間洗顔はNGです。

 

【正しい顔の洗い方】

  1. 手をキレイに洗いましょう。
  2. 32度から35度のぬるま湯で顔を濡らしましょう。
  3. 洗顔料を手に出したっぷりのふわふわ泡を作りましょう。(卵1個分くらいの泡)
  4. たっぷりふわふわの泡を肌の上で転がすように汚れを吸着させ洗っていきます。手で洗うのではなく泡で洗うイメージです。
  5. 32度から35度のぬるま湯でよく洗い流しましょう。このときゴシゴシ洗い流したり叩いて洗い流すのはNGです。優しくすすぎましょう。
  6. 清潔なキレイなタオルで優しくふき取りましょう。

フェイスパックで全体にしっかり保湿をしましょう

お肌がさっぱりとキレイになったら、すぐにしっかり潤いを与えましょう。

フェイスパックをするのがおすすめです。

フェイスパックには、いろいろな種類がありますが保湿力の高いパックを選びましょう。

自分の肌質がわかる場合には、肌質にあったパックを選ぶとより効果的です。

乾燥しているからといって長時間使用したままにならないよう気を付けてください。

パックの後は、しっかりとお肌の潤いを閉じ込めるために美容液や乳液、クリームなどでフェイスパックの美容成分を逃さないようにフタをしてあげましょう。

ワンポイントアドバイス

メイクを落とさずに寝てしまったり、長時間メイクをしたままの状態が続いてしまった次の日は、1日メイクをせずお肌の休息日にすることがおすすめです。

仕事や予定などでまたメイクをしなければいけない場合は、少し薄めメイクを心掛けお肌に負担を少なくしてあげましょう。

-肌トラブル
-, , ,

Copyright© 美肌シェアーズ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.