ツルツルかかとを手に入れる!ガサガサかかとの原因と簡単ケア|美肌シェアーズ

ツルツルかかとを手に入れる!ガサガサかかとの原因と簡単ケア|美肌シェアーズ

投稿日:

肌トラブル

ストッキングを履こうとしたとき、かかとに引っかかり伝線してしまった経験はありませんか?

これからサンダルやかかとの露出が増える季節になっていくのに、ガサガサのかかとでは…と悩んでいる方も多いと思います。

普段なかなか目にしない場所なので、ついついケアせずに放置してしまいがちですが、放って置くと痛みが発生してしまう場合もあるのできちんとしたケアを行っていきましょう。

目次
  • ガサガサかかとを引き起こしてしまう角質症って?
  • ガサガサかかとを予防する2つの方法
  • ツルツルかかとを手に入れる3つの簡単ケア方法
  • セルフケアでは限界!そんな時は皮膚科受診も視野に

ガサガサかかとを引き起こしてしまう角質症って?

 

 

かかとがなぜガサガサに硬くなってしまうのかというと、「角化症」という症状が原因とされることが最も多いです。

ガサガサトラブルの多くは、古くなった角質がターンオーバーをうまく出来ず溜まってしまい、蓄積した古い角質が重なっていき硬くなってしまいます。

それはどの部位でも起こりますが、夏に素足でサンダルを履いたりするなどをして摩擦を与え続けると身体は皮膚を守ろうとして更にその部位を厚くしようと働きかけてしまいます。

その状態が「角化症」と呼ばれています。

角化症を放置し続けると、皮膚の表面がどんどん乾燥して白く粉をふいたような状態になり、悪化していくとひび割れや、出血をおこしてしまいます。

また、その状態になってしまったかかとには細菌が増えニオイやかゆみ等が発生する場合もあるので、清潔にすべすべなかかとをキープするケアが必要です。

 

ガサガサかかとを予防する2つの方法

ガサガサかかとは気づいたらなってしまう事が多いですが、日々の生活に簡単に組み込められる予防法ばかりなので、ぜひ今日から始めてみましょう。

 

・血行を促進する

かかとがガサガサになってしまう大きな原因の「ターンオーバーの乱れ」を引き起こさないためにも血行を促進することが大切です。

脚の血流が悪くなると、酸素や栄養分が十分に運ばれず、不要な角質が溜まってしまいます。

血行促進は様々な方法がありますが、足を揉むなどして足のリンパマッサージなどを行う簡単なケアでも効果がありますので、なるべく血行を促進させるようにしましょう。

マッサージを行うことにより、むくみの改善なども期待できてメリットがたくさんあるので、ぜひ血行促進は意識して行うようにしてみてください。

 

・保湿を心がける

Processed with VSCO with kk1 preset

ガサガサかかとの予防法として一番行ってほしいのがこの保湿です。

ガサガサになってしまうのは乾燥している状態ということなので、日々しっかりとクリームなどで保湿をしてあげることが大切です。

毎日のスキンケアのついでにかかとも…というように、できれば毎日保湿をしてあげることが最大の予防策になります。

最近ではかかとケア用のクリームや、かかとケア用の靴下などもありますので、ぜひ色々なものを選んでみてください。

ツルツルかかとを手に入れる3つの簡単ケア方法

ガサガサになってしまったかかとでも、しっかりとケアをすることで改善することができます。

自分に合うケア方法はどれかチェックしてみましょう。

 

・かかとをやすりや軽石でケア

かかとケアで一番メジャーなケア方法が軽石やかかと専用のやすりで硬くなってしまった角質を削る方法です。

今では薬局や100円均一でも気軽に手に入るので、とりあえず困ったときの対処法として一番始めやすく、物理的に削るのですぐに効果が実感できるのが良い所ですね。

やすりや軽石でのケアはついついそのまま削ってしまいがちですが、ホットタオルなどでしっかり角質を柔らかくしてからケアを始めましょう。

そして削りすぎないように注意です。

やりすぎは逆効果になってしまいます。

やすりや軽石でのケアは即効性がありますが、あくまで一時的な対処になりますので、定期的に磨くようにすることが大切です。

 

・かかとをスクラブケア

かかとやひじなど角質が溜まりやすい部分を、くるくるとスクラブを使用して優しくマッサージすることで古くなった角質にアプローチをしてくれます。

スクラブケアは、週1、2回のスペシャルボディケアとして取り入れやすく人気があります。

お肌の弱い方向けや、アロマ効果があるなど、様々な種類の商品があるので自分の肌質や好みに合わせて選ぶ事ができるのもこのケア方法の魅力ですし、お風呂に入りながら出来るという手軽さも良いところです。

このケア方法もやりすぎには注意です。

ついついしっかりケアしようとスクラブを強い力でゴシゴシとこすりたくなってしまいますが、必要以上の刺激を与えてしまわない様に、優しく円を描くようにマッサージをしましょう。

マッサージ後はクリームなどでしっかり保湿をするのも忘れないようにしてください。

 

・角質ケアパック

最近よく見かけるのが、かかとの角質ケアパックです。

角質ケアパックは、薬液の入った袋を履いて時間を置いたあとに洗い流すだけ。というとてもお手軽な方法ですが、最終的にケアが終わるまでには1週間ほどかかるというのが特徴です。

ケアをした初日~翌日程はほとんど変化がありませんが、2~3日目からだんだんとパックをした箇所の皮膚がドンドン剥がれ始めます。

この時ついつい自分でも剥がしてしまいたくなってしまいますが、日焼けと同じで自分で剥がすのは逆効果になってしまいますので、じっと待つことが大切です。

そして皮膚は非常に剥がれやすくなっていて裸足で生活すると皮膚がポロポロと落ちるため、靴下を履くなどして対策が必要です。

この皮膚が全て剥がれ落ちると、ツヤッとした新しい皮膚だけになり、かかとがつやつやになります。

どうしても時間はかかってしまいますが、痒みや痛みもなく、どんなかかとの人でも効果があると好評です。

お肌が弱くて出来るか不安な方も、パッチテストが出来るようになっていますので、安心して始めることが出来ます。

どうしても削るのは不安だし、日々のケアも継続する自身がない…という方は、まずは角質ケアパックを試してみるのがおすすめです。

セルフケアでは限界!そんな時は皮膚科受診も視野に

すでに色々とケアをしているのになかなかガサガサが治らない…という方は皮膚科の受診も視野に入れましょう。

ガサガサなだけだし…とついつい甘く見てしまいがちですが、水虫などの皮膚疾患の可能性もありますし、色々なものを試し続けているとどうしてもコストがかかってしまいます。

その場合は一度しっかりと医療機関に今の自分にあった治し方を相談し、場合によっては適切なものを処方してもらって効果を改めて見てみるということも考えましょう。

足の裏は色々な不調を教えてくれる箇所でもありますので、思い切って受診してみることをおすすめします。

 

ガサガサかかとになってしまう原因からケア方法までご紹介しましたが、簡単に取り入れられるケアからしっかりとしたケア、様々な方法があります。

いろいろな方法をまずは試し、自分に合ったケアでツルツルすべすべかかとを手に入れましょう。

かかとも顔同様に大切なお肌のひとつです。

日々のスキンケアを行うように心がけたいですね。

-肌トラブル
-, ,

Copyright© 美肌シェアーズ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.