透明感のある肌に大敵!知っておくべきくすみを改善する方法 | 美肌シェアーズ

あなたの肌の不調はくすみが原因?メイクで!マッサージで!簡単くすみケア方法4つ|美肌シェアーズ

投稿日:

肌トラブル スキンケア・エイジングケア

ファンデーションを塗ってもなんだか、顔に明るさが出なかったり、メイクを落としたあとの素肌を見たら肌が暗く見えてしまったり。

それは、くすみが原因かもしれません!冬の季節は特に、血行不良や乾燥の影響で肌がくすみやすくなってしまいます。

そこで今回は、冬に引き起こしやすいくすみの原因から解消方法までをご紹介します。

原因とケア方法を知って、冬もくすみ知らずの、明るく透明感のある潤い美肌になりましょう。

目次
  • あなたの肌の不調はくすみが原因?くすみ肌ってどんな状態?
  • 冬くすみを引き起こす2つの原因と目元のくすみ
  • 身体の内側からも外側からもアプローチ!今日から出来る簡単くすみ予防
  • メイクで!マッサージで!簡単くすみケア方法4つ
  • まとめ・ワンポイントアドバイス

あなたの肌の不調はくすみが原因?くすみ肌ってどんな状態?

くすみ肌とは、肌本来の明るさがなく、肌が曇っている状態のことを指します。

くすみが起こると色白の方でも、肌色が暗く見えたり、全体的にハリがなく疲れた印象を与えてしまいます。

そんなお疲れくすみ顔から卒業して、明るさやツヤを兼ね備えた透明感のある美肌を手に入れましょう。

冬くすみを引き起こす2つの原因と目元のくすみ

冬の季節に起こりやすいくすみの原因をチェックしてみましょう。

特に多い二つの原因と、悩みを抱えている人も多い目の周りのくすみについてご紹介します。

 

(1)肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)の乱れによるくすみ

乾燥や加齢、生活習慣の乱れ等によって肌の新陳代謝は落ちてしまいます。
ターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れると古い角質がはがれずに積み重なって肌の表面の角質層が厚くなってしまい、光を通さず透明感のある肌に必要なツヤ感や明るさが失われかたくゴワゴワとくすんでいきます。
また、ターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れることで、
皮脂やしみ等の老廃物が肌に溜まることでも顔がくすんで見えてしまいます。

 

(2)血行不良によるくすみ

冬は、外の空気が冷たくお肌が冷えてしまいやすいため、皮膚表面近くの血流が低下してしまいます。
また疲れやストレス、不規則な生活も、リンパの流れを滞らせる原因であり、
リンパの流れが滞ることで、血行が悪くなり肌の血色感が失われ顔全体が暗く見えてしまいます。
血行不良になると、お肌の隅々まで酸素や栄養が細胞に届かず美肌に必要な栄養素が不足してしまいます。
それだけでなく、美肌を守る天然保湿成分などのお肌を乾燥から守る成分も充分に作ることができず、乾燥したゴワゴワのかたい肌になってしまうのです。

 

(3)目の周りのくすみ

角質層が薄く皮脂腺のない目元は潤いを保つ力が弱く乾燥しがち。
特に最近は、スマートフォンやパソコンなどを長時間使用することによる目の疲れも乾燥の原因になりくすみを引き起こします。

身体の内側からも外側からもアプローチ!今日から出来る簡単くすみ予防

(1)身体の内側から予防する方法

くすみを内側から解消するのにオススメの食べ物は、お肉、お魚、たまご、大豆製品、乳製品です。

また、トマトやグレープフルーツに含まれるリコピンには、抗酸化作用があり、くすみの原因にもなる活性化酸素を抑える効果があるのでくすみ解消にオススメです。

美肌に良い食べ物を摂取することで、身体の内側からしっかりくすみ予防をすることが出来ます。

 

(2)血行不良解消

リンパの流れを悪くする血行不良を引き起こさないためには、運動不足、便秘、冷え等の原因を改善することが大切です。

お風呂に入るときは、シャワーだけではなくしっかり湯船につかってからだを冷えから守る。

飲み物を飲むときは、キンキンに冷えているものは避け常温やホットを飲む。など、身体を冷やさないことを習慣づけることが大切です。

くすみ肌の予防だけでなく、むくみにも効果的です。

メイクで!マッサージで!簡単くすみケア方法4つ

(1)正しい洗顔とスキンケアで潤い肌に

角質層を健康な状態に保つには、古い角質(垢や化粧の落とし残り)を洗い落とし、
化粧水や乳液で角質層に潤いをしっかり与えることが必要です。
肌に溜まった古い角質は、正しい洗顔で落としましょう。

クレンジング剤を適量取り肌を強くこすらず、
たっぷりふわふわの泡を肌の上で転がすように汚れを吸着させ、
ぬるま湯、又は水でしっかり流しましょう。
このときすすぎ残しがあると肌荒れの原因になってしまうのでしっかりすすぐことが大切です。

また、肌のごわつきが気になるときには化粧水の浸透力を高めてくれる
ふき取り化粧水を使用するとさらに効果があります。
クレンジングで落としきれなかった汚れや、目に見えない大気の汚れを吸着する効果もあるのでおススメです。

ターンオーバーの乱れを整え、健康的な角質層を目指しゴワゴワのかたい肌からきめの整った潤い肌になりましょう。

 

(2)マッサージで血行促進

朝メイク前にリンパマッサージをして代謝をあげることで、くすみを軽減してくれます。
リンパマッサージをした後にスキンケアをすることで浸透力を高めてくれるので、
くすみや乾燥の改善にもつながります。
またリンパマッサージは、くすみだけでなく、むくみの改善にもなるので小顔効果も♪
空いた時間にどこでも簡単にできるのでオススメケアです。

【簡単リンパマッサージのやり方】
①、手を交差し鎖骨(鎖骨の下)をさする。
②、首を上下にさすって鎖骨リンパへ流す。
③、耳の後ろのくぼみをおす。
④、耳の周りをぐるぐるなでる。
⑤、最後に、①をもう一度。

 

(3)化粧下地で解消出来る!タイプ別ベースメイク

ベースメイクでもくすみを解消することができます。
それぞれのくすみのタイプやなりたい肌に合わせて下地カラーを選ぶと、色ムラを補正し透明感のある美肌を手に入れることが出来ます。

 

☆血行不良が原因の青くすみタイプ

血行不良のくすみタイプは、青白く血色感がないのが特徴。
なので、自然な血色感を与えてくれるピンク色の下地がオススメ。
肌全体をやわらかくふんわりした印象に見せてくれます。

 

☆全体的に透明感が欲しいタイプ

肌色が暗いかもと思ったときにオススメなのがパープルの下地。
肌全体をワントーンアップして透明感をだし、華やかで明るい印象を与えてくれます。

 

☆ナチュラルにくすみをカバーしたいタイプ

色付きの下地を使うのに抵抗がある方でも、使いやすくてオススメなのが
肌色に近いイエロー系の下地。
濁りやくすみをナチュラルにカバーして健康的な肌色に見せてくれます。

 

(4) 目元のくすみ解消
目が疲れているなと感じたときは、
ホットタオルや目元を温めるアイマスクを使ってケアするのがオススメ。
目元を温めてからアイクリームや美容液で保湿をすると浸透力が高まり潤い成分を長時間持続させやすくなります。

 

まとめ・ワンポイントアドバイス

ここまで、くすみ肌になってしまう原因や解消方法についてご紹介しました。

ベースメイクで肌を整えてキレイに見せることも大切ですが、毎日のスキンケアや習慣で肌本来の明るさやツヤを取り戻し、透明感のある肌を手に入れることが出来ます!

日々のお手入れや習慣を少し見直して、曇りのない明るい美肌を目指しましょう。

 

-肌トラブル, スキンケア・エイジングケア

Copyright© 美肌シェアーズ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.